溫泉-湯屋-日文

Private Onsen Room

湯屋

原住民「タロコ族」が「霧来(温泉が湧き出る場所)」と呼んでいる二子山温泉の成分は、肌に栄養を与え、体のバランスを整える重炭酸泉です。

フタゴヤマ・オンセンの施設は、2人用、家族用、男女別、一般用とあります。

台湾花蓮産の蛇紋岩や素朴な洗い出しの石で彩られた空間は、まさに大檜山と南二子山の真ん中にいるような感覚で、雄大な峡谷や野川を浴び、両側の壮大な大理石の壁面を鑑賞することができます。

  • 営業時間:08:00-21:00
  • 湯屋室数:2人用湯屋10室 / 家族用湯屋2室

運動-健身房-日文

Gym

日文|健身房

Intro

日文|介紹

日文|本段為營火區文字介紹,丘丘是座落在兩座大山之間的一片寧靜草原,當人們置身曠野之間,繁星自在撒在心上柔緩生活裡的那些輕重步伐,找到更多簡單,探索生活外的寬廣未知世界,釀造更多豐盛。

日文|丘丘是座落在兩座大山之間的一片寧靜草原,代表著近山與敬山,的精神。當人們置身曠野之間,繁星自在撒在心上柔緩生活裡的那些輕重步伐,找到更多簡單,釀造更多豐盛。

Information

日文|資訊

日文|開放時間

  • 日文|週一、每月最後一週週四清館日
  • 日文|週二至週六 08:00 – 21:00
  • 日文|週日 08:00 – 17:00

日文|注意事項

  • 日文|為預防火災發生,嚴禁燃放炮竹,請勿亂丟菸蒂。
  • 日文|請將垃圾分類為一般垃圾、資源回收、廚餘。放置於指定的集中區,勿任意丟棄以維護營地整潔。
  • 日文|請尊重大自然之生態共生,勿任意破壞環境,延續眼前美麗景致。

運動-泳池-日文

Swimming Pool

日文|泳池

Intro

日文|介紹

日文|本段為營火區文字介紹,丘丘是座落在兩座大山之間的一片寧靜草原,當人們置身曠野之間,繁星自在撒在心上柔緩生活裡的那些輕重步伐,找到更多簡單,探索生活外的寬廣未知世界,釀造更多豐盛。

日文|丘丘是座落在兩座大山之間的一片寧靜草原,代表著近山與敬山,的精神。當人們置身曠野之間,繁星自在撒在心上柔緩生活裡的那些輕重步伐,找到更多簡單,釀造更多豐盛。

Information

日文|資訊

日文|開放時間

  • 日文|週一、每月最後一週週四清館日
  • 日文|週二至週六 08:00 – 21:00
  • 日文|週日 08:00 – 17:00

日文|注意事項

  • 日文|為預防火災發生,嚴禁燃放炮竹,請勿亂丟菸蒂。
  • 日文|請將垃圾分類為一般垃圾、資源回收、廚餘。放置於指定的集中區,勿任意丟棄以維護營地整潔。
  • 日文|請尊重大自然之生態共生,勿任意破壞環境,延續眼前美麗景致。

散步-探步小徑-日文

Milkyway

ミルキーウェイ

Milkywayの出自は、ローマの詩人オウィディウスの『変身物語』にある「空が澄んでいるときには、空の高いところにある軌道を見ることができる。その名は天の川、その明るさからそう名づけられた。」天の川のように、チュ・リゾートでは、私たちを導いてくれる3つのルートを用意しております。銀河に導かれるかのように、共に探検とインスピレーションのジャーニーを体験しましょう。

  • 山ルート:山の入り口からスタートし、木々を旅のお供にしながら山へ向かうルート。(歩行時間約5分)
  • 星ルート:丘丘草原で星ルートを見つけることができます。夜空とともに、銀河を見上げることができます。(歩行時間約3分)
  • 秘密ルート:フロー・リトリートには、秘密の草原が存在しています。誰にも邪魔されずに静かな時間を過ごしたい方をお待ちしております。(歩行時間無制限)

散步-靜心亭-日文

Om Cabana

オーム・カバナ

オーム・カバナはフロー・リトリートの池畔のとなりに位置し、湖のさざ波の中で、そよ風や虫の鳴き声、鳥のさえずりを楽しみながら、ヨガや瞑想の練習や心を落ち着かせることができる小グループ用の半屋外スペースです。

ヴェーダ哲学では、OMは宇宙の最初の音であり、すべてのものを現実に顕在化させる振動であります。OMは私たちの本質、生まれながらの喜びと力強い自己を表しています。オーム・カバナで共に人間本来の本来の姿につながることを楽しみにしています。

散步-丘丘草原-日文

Chu Grassland

チュ草原

チュの草原に入ると、そばに高い山があり、時に空は晴れ雲がなく、だが時には雲が山を覆います。ここで自然の様々な姿を感じることができます。丘丘草原では、自分に合った快適な方法でこの空間を楽しむことを歓迎します。体も心でも、ここで安全しリラックスして開放できます。

「太陽は私たちではなく私たちの中に輝いている。川は通り過ぎるのではなく、私たちの中を流れ。」

— ジョン・ミューア